読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書も積もりし

小説、哲学、雑感など。誤字・脱字が多いのが哀しい

詩2つ

「同じ」

最近この頃、朝方、幸福、夕方、ズドン。
夜には、プラマイゼロで、このヘビーローテーション
私、いる、いない、いる、幸せ、ある、ない、ある、
形だけの、提出物では、五丁目のお豆腐屋のお嬢さんはおとせない。
声うわずって、私、マリヤ様の聖棺の前で跪き、
そのまま、えんえん、えんえん、えーんえん。
夕方、私、堕ちる、ズドン、ゆえに、それから、
安定し、落ち着き、布団にくるまりゃ、猫もゴロン。
冬の、エンドレス、ヘビーローテーション


「本日ハ晴天ナリ」

満たされた午後、底にある罪、
寒さ、公園で子どもは泣きじゃくっていた
カラスのような鳴き声、ガラスの街の人々、
俺はこんなもんじゃないって、がらがら声で叫んでた
表明されたものが、全てじゃない
洞窟の中のかがり火にうつった木くずすらも欲望
踊ってたんだろ?
あの夫人とさ
黙ってたんだろ? 根拠の無い顔してさ
囚人たちの、あくる日の会議
日本、中国、パキスタン
どれも同じだ、国家、不法労働、路地裏、
言葉だけが溜まっていく、苦渋に満ちた顔、
他には何も要りません、だからユダの救済と、
ついでにパウロも赦してください!
いつも、いつも、晴れていた
いくら何でも、いつでも、今日も、晴れていた。