書も積もりし

小説、哲学、雑感など。誤字・脱字が多いのが哀しい

2016-04-13から1日間の記事一覧

川端文学における「芸者」の位置づけ

川端康成の小説には、芸者(芸子、舞妓、旅芸人など)がよく出てくる。代表作に限っても「雪国」や「伊豆の踊子」など。殊に壱位二位を争う有名作である「伊豆の踊子」におけるそれは特別だ。そこには川端康成の芸者たちへの深い愛情といったものが感じられ…